経済

世界スポーツメーカー売上ランキング

2018/06/20

スポーツウエアや道具のメーカーブランドはよく聞く。しかし、知名度は高いが年間売上は少ない場合もある。

逆に、日本での知名度は低いが世界売上高が多いメーカーもある。

順位 メーカー 英語表記 売上高
1位 ナイキ nike 3兆8000億円
2位 アディダス adidas 2兆4000億円
3位 アンダーアーマー underarmour 5,000億円
4位 アシックス asics 4,000億円
4位 ニューバランス new balanse 4,000億円
4位 プーマ puma 4,000億円
7位 ミズノ mizuno 1,900億円
8位 デサント descente 1,300億円

世界的には、「ナイキ」と「アディダス」が2強で、3位以下のメーカーは4,000億円~5,000億円と混戦状態になっている。

日本で1位の「アシックス」もこの世界3位グループに入っている。
スポンサーリンク


現在のスポーツメーカーは、ファッショナブルで街着できるスポーツウエアーの売上が多くなっている。

日本企業も売上高は、

  • 1位 アシックス  約4,000億円
  • 2位ミズノ         約1,900億円
  • 3位デザント      約1,300億円

ミズノはプロユースの運動用具の評価は高いが、ファション性に弱く、街で着れるような商品が少ないことが、売上低迷の原因となっている。

アンダーアーマー(underarmour)は、日本では知名度は低いが、欧米での売上高は多い。日本でも男性芸能人が着用しているので、今後、人気が出るかもしれない注目ブランドだ。



-経済

error: Content is protected !!