経済・株式

【日本撤退】米ウォルマート、「西友」売却へ【売却額3000億円~5000億円】

2018/07/13

小売業世界最大手の米ウォルマートは傘下の国内スーパー大手、西友を売却する方針を決めた。

「既存の小売り店舗」と「米アマゾン・ドット・コム」との競争が激しくなり、ウォルマートは世界的に事業の見直しを進める。

アメリカ国内で「ネット通販」と「リアル店舗」との競争激化を受け、日本市場から撤退すると考えられる。

流通大手や投資ファンドなどに3000億~5000億円規模で売却されるとの見方がある。

スポンサーリンク


ロイターによると、米「ウォルマート」は西友売却の決定はしてないとしている。

 

西友

西友の設立・沿革

  • 1956年 旧西武グループ・西武百貨店が「西武ストアー」を設立
  • 2002年 米「ウォルマート・ストアーズ」と資本提携
  • 2008年 米「ウォルマート・ストアーズ」の完全子会社となった

正式社名は?

  • 合同会社 西友

本社所在地

  • 115-0045 東京都北区赤羽二丁目1番1号

西友の売上高は?

  • 売上高 8,009億円(2008年)

西友の店舗数は?

  • 335店(2018年5月16日現在)

資本金は?

  • 1億円

従業員数

  • 23,576名(臨時雇用者18,682名) 2018年1月1日現在

スポンサーリンク


ウォルマート

ウォルマートの設立・沿革

  • 1962年 ウォルマート1号店開店(アーカンソー州)

店舗数

  • アメリカ国内           5,358店舗
  • インターナショナル  6,360店舗

授業員数

  • アメリカ 150万人以上
  • 全世界    230万人以上

売上高

  • 全世界 5,003億ドル(約55兆円) 2018年1月期
  • 内インターナショナル 1,181億ドル(13兆円)

スポンサーリンク


 コメント

西友の店舗は老朽化した物件が多く、食品から衣料品まで販売する「総合スーパー」業態が不振なため、簡単に売却は進まない可能性がある。

そうなると、地方の食品スーパーが分割して買収する可能性もある。



-経済・株式

error: Content is protected !!